2010年09月20日

電子書籍にオマケは必要だった

 電子書籍という目に見えないものを売るためには、惹起が重要です。特典で消費者を釣るのはごく普通の販売手法です。電子書籍ならではの特典を追加した書籍が増えてきていて、これからも確実に特典付きに増えていくことは間違いありません。

  新聞や雑誌連載時のイラストを追加したり楽曲やアニメーションを使ったもの、著者のビデオメッセージを追加したものなどが話題になっています。読売新聞の記事では

新しい機能を生かし、未知の体験を生み出せるか

とあり、同感です。電子書籍ならでは体験を特典として追加して、今までにない新しい体験があれば電子書籍には紙とは異なった価値が生まれるのではないでしょうか。


◆電子書籍の「おまけ」とは?[読売新聞]
2010.9.17
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100917-OYT8T00246.htm

 


タグ:電子書籍
posted by @jink0222 at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出版社・書店動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック