2010年09月21日

電子書籍を中間フォーマット化するメリットとデメリットとは

 電子出版については総務省、文部科学省、経済産業省が共同で「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(以下「三省共同懇談会」)を立ち上げました。その結果、総務省から

国内ファイルフォーマット(中間(交換)フォーマット)の共通化に向けた環境整備

の提案が公募されることになりました。出版社などのコンテンツ・ホルダーが、書籍データを複数ある電子書籍フォーマットに手軽にファイル変換できるように、統一した中間ソースフォーマットを制定するための環境整備を行うという提案です。

  電子書籍をいったん全て中間フォーマット化することで、.bookとXMDFという国産規格だけでなく、おそらくEPUBなどの舶来のフォーマットにも対応することを目指していると考えてもいいかもしれません。実用的に運用できれば、出版社はオリジナルデータから中間フォーマットを書き出すだけでよく、複数のメディアにコストと時間をかけずに電子出版を展開できることになります。

 この規格に対して一部では反対の声が上がっていて、反対の主な理由として

・中間統一フォーマットは必要ではない
・日本国内のみの仕様なので国際化に逆行する
・税金を投入する価値があるのか
・フリーな自費出版が考慮されていない


というような意見があります。

 また、制定されると中間フォーマットを策定した企業に利権が転がり込む可能性もあり、配布フォーマットへの対応が便利になっても競争原理が働かなくなることも懸念されます。ユーザーにとって本当にメリットのあるフォーマットかどうかはわかりません。

 いずれにしても、中間フォーマットを策定しても法律で強制することは不可能です。出版社側だけでなく複数の配布フォーマット、配信プラットフォームの関係者が満足するものを作成するとなると、ハードルはかなり高くなりそうです。

 また、中間フォーマットが、電子書籍でのデファクトになれるかどうかは別の問題です。すでにいくつもの配信プラットフォームが立ち上がっていて、それらを統合できるかどうかもまだわかりません。総務省の中間フォーマットがデファクトになるためには、柔軟性が高く汎用性の広い優れたフォーマットの策定が求められることは間違いなさそうです。


◆日の丸標準中間フォーマットに暗雲、EPUBは国際標準化を目指す[08th Grade Syndrome]
2010.9.19
http://d.hatena.ne.jp/lost_and_found/20100919/1284826737

◆日の丸標準中間フォーマットってこうですか?わかりません[08th Grade Syndrome]
2010.9.19
http://d.hatena.ne.jp/lost_and_found/20100919/1284873865

◆【電書ちゃん】日の丸標準中間フォーマットとEPUBをもう一度整理してみるよCommentsAdd Star[08th Grade Syndrome]
2010.9.20
http://d.hatena.ne.jp/lost_and_found/20100920/1284975747

◆平成22年度「新ICT利活用サービス創出支援事業」に関する提案の公募[総務省]
2010.8.27
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_01000001.html

◆ISO/IEC JTC 1/SC 34[Wikipedia]
http://ja.wikipedia.org/wiki/ISO/IEC_JTC_1/SC_34

 


posted by @jink0222 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイルフォーマット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック