2010年10月02日

ステップ4 画像はチャプター単位で挿入する[InDesign CS3_EPUB]

 本ページは『これだけでできるInDesignからEPUBの電子書籍を作る方法』の第三章を抜粋したものです。InDesign CS3からEPUBを書き出して、Sigilで編集する方法を解説しています。InDesignに貼り込まれた画像はテキストフレームの後ろに書き出されます。画像はチャプター単位でInDesignに配置しておくと、Sigilで編集しやすくなります

  EPUBでは画像は挿絵程度にしか挿入できません。テキストが主体で補足的に画像を挿入したい場合に使います。InDesignに貼り込まれた画像はEPUBに書き出すとファイル内に取り込むことが可能です。貼り込み画像はデフォルトではJPEGに書き出されます。貼り込まれたIllustratorファイルもJPEGで書き出されます。

 リンク画像をEPUBにすると、テキストフレームの後ろに書き出されます。テキストフレーム内の任意の位置に配置するには、インライングラフィックにします。ただし、インライングラフィックにすると、画像はテキストの一部になりレイアウトを修正しにくくなります。

 あとからSigilで編集するのであれば、インライングラフィックにせずにそのまま貼り込み、Sigilで貼り込み位置を調整することもできます。Sigilで調整する場合、テキストフレームはチャプターなどの単位で分割しておきます。そうすると、テキストフレームの後に画像が書き出されます。すべてのテキストを1つのフレームにレイアウトすると、画像はそのフレームの最後にまとめて配置されてしまうからです。

CS3_EPUB_04.gif


 

 


posted by @jink0222 at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign CS3からEPUBの電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック