2010年10月08日

ステップ8 箇条書きを反映させる[InDesign CS3_EPUB]

 本ページは『これだけでできるInDesignからEPUBの電子書籍を作る方法』の第三章を抜粋したものです。InDesign CS3からEPUBを書き出して、Sigilで編集する方法を解説しています。段落パネルで箇条書きを指定すると、リストタグとして書き出されます。

  InDesignの段落パネルで指定する[箇条書き(リスト)]はXHTMLに反映できます。リストの方法には行頭に記号を挿入する方法と番号を挿入する方法があります。リストはXHTMLの<li>タグで記述され、[記号]は<ul>タグで、[番号]は<ol>タグで指定されます。番号は「静的番号付きリストにマップ」を指定すると段落内の番号に基づいて<li>タグ内に<value>属性を割り当て書き出します。

 箇条書きをXHTMLのリストタグとして書き出すと、フォントサイズが12ポイントに固定されます。本文と同じサイズにしたいときは「テキストに変換」を選択します。リストタグは失われますが、本文内のパラグラフとして書き出されます。


CS3_EPUB_08.gif



 


posted by @jink0222 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | InDesign CS3からEPUBの電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック