2012年02月08日

Retina Displayスクリーンショットを要求される

 iTunes Connectからメールが来た。アプリに添付するスクリーンショットに関するもので、

Required iPhone & iPod touch Screenshot Upgrade for Retina Display

とある。アプリのスクリーンショットはiPhone用とiPad用が必要となる。いずれか専用の場合は、一方のスクリーンショットだけでいいことになるが、ユニバーサルにする場合は両方のスクリーンショットを用意しなければならない。

  開発者はiPhoneもiPadも持ち(購入し)、それぞれの実機にアプリをインストールしてスクリーンショットを撮ることになる。もちろん、スクリーンショットでなくても、ピクセル数が合致している画像であればよい。しかし実際には実機にインストールしてスクリーンショットを撮影するほうが手っ取り早い

 対応フォーマットはJPEG、TIFF、PNGとなり、解像度は

960 x 640
960 x 600
640 x 960
640 x 920

が指定される(RGBモードで最低解像度は72 ppi)。以前はiPhone 3GS以前の480 x 320や320 x 480も使えた。メールにある「Required」は既にアップしたアプリのショットを差し換える要求ではなく、これからアップデートする場合や、新規にアプリを申請する場合は、高解像度が必要ということだった。

 サンプルショットの変更は、今年にはリリースされるというiPhone 5を見据えてのことだろうか。iPhone 5は画面サイズが変わるという報道もある。たんにサイズが大きくなってもアスペクト比がかわらなければそのまま使えるが、サンプルショットは高解像度が必要かもしれない。

 あるいはiPhone 5より先と思われるiPad 3がRetina Display対応になったとき、iPadでアプリのサンプルショットを閲覧するための高解像度だろうか。

 ただアプリをiPhoneやiPadで探すとき、3G回線が弱いと、アプリのスクリーンショットの表示がきわめて遅いときがある。スクリーンショットが高解像度かすれば、ますますサンプル表示に時間がかかりそうである。


◆SakuttoBook(サクッとブック)でiPhoneアプリを作る方法
http://bit.ly/mhgjCG


◆SakuttoPubliパーソナル:iPhoneブックアプリ開発・申請代行はお任せ下
さい。
http://bit.ly/swjdFW


 


posted by @jink0222 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | SakuttoBook日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。