2013年07月31日

コミック電子書籍、epub3固定レイアウトの罠

 iBookstoreではコミックもepub3で作成しなければならない。epub2でも作成は可能だが、申請はできない。正しく縦組の固定レイアウトは縦組の指定が必要になるが、縦組にする場合spineで「page-progression-direction」の指定が必要になる。「page-progression-direction」を使うと、epub3でなければepubcheckが通してくれないのである。

  一番簡単なのはSigilがepub3に対応すれば、誰でも簡単にepub3を作成できるだろう。しかしSigilの現行バージョン(0.7.2)はepub3には対応していない。epubファイル内に記述をepub3に書き換えてもSigilで保存して「クリーン」化されてepub2の記述に戻ってしまう。たとえばepub3にしようとして、それぞれのxhtmlの冒頭を

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xmlns:epub="http://www.idpf.org/2007/ops" xml:lang="ja">


と書き換えたとする。xhtmlファイルそれぞれのヘッダを書き換えてSigilで保存すると

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" standalone="no"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN"
  "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" xmlns:epub="http://www.idpf.org/2007/ops">


というepub2の記述に見事に「クリーン」化されて書き換えられてしまう。

 当初、epub3の組み方向はcssで指定していたが、固定レイアウトではcssではなくcontent.opfで行う。おそらくcssの組み方向はテキストのみなのだろう。ページの組み方向は「page-progression-direction」で指定し、指定しない場合は横組になる。

 epub作成ツールはいくつかあるが、簡単に編集できてそのまま保存すればiBookstoreに申請できるepub3を作成できるツールはどうやら今のところ存在しないらしい。おそらくこれからも現れるとは思えない。というのは、epub2をepub3にするにはファイルを解凍して個別にファイルをエディターで書き換えればよいからだ。

 どのようなツールを使っても最後は手動でタグを編集するだけだから、簡単にいうとhtmlが読めればよい。そう意味ではそれほどハードルは高くないだろう。専用のアプリを作成しても売り物にはなりにくい。しかしhtmlを読めない場合は、epub3ファイルは作成できないことになる。

 さて固定レイアウトの場合はcssは関係ないので、Sigilで作成したあと、ファイルを解凍してepub3に対応する部分を追加したり、書き換えることでSigilのepub2をepub3に書き換えることが可能だ。書き換えが必要なのは

container.xml
content.opf
Text/****.xhtml


であり、

nav.xhtml

の追加が必要になる。Textフォルダ内のxhtmlは冒頭のヘッダまでの部分を変更するだけなので、Jeditなどで複数ファイルを一括変換すればよい。container.xmlは丸ごと書き換えればいいだけ。ややこしいはcontent.opfとnav.xhtmlくらいである。それぞれのファイルを書き換えていきepubcheckでエラーをつぶしていくという手順になる。

 epubcheckでエラーで出なければ、専用の圧縮ツールでepubに変換する。以前はフォルダ毎ではなく、フォルダ内の複数のフォルダとファイルを選択してZIP圧縮し、拡張子をepubに変更すると、epubとして開いたが、mimetypeがファイルリストの冒頭にこないのでepubcheckではエラーになった。つまりiBookstore用では、mimetypeを処理できる専用のツールか方法を使う必要がある。

 epub3については、それぞれのファイルを開いて指定箇所のみ、テキストを差し替えれば作成は難しくなさそうだ。特に固定レイアウトではSigilでファイルの構成のみを作成し、あとでepub3のタグに差し替えることでiBookstoreに申請可能なepub3に変換できるだろう。

 というわけで、現在Sigilで作成した固定レイアウトのepubを解凍して中身を編集している。だいぶエラーは取り除いたが、「nav.xhtml」のエラーだけ残っている。エラーのでない状態にしてツールとして整理したい。epubcheckでエラーがでなければ、iBookstoreに申請できる固定レイアウトのepub3ファイルは簡単に作成できそうである。


◆PDFをそのままiBooks epubに変換する方法[YouTube]


◆PDFをそのままiBooks epubに変換する方法の無料ダウンロードはこちら
http://bit.ly/14nS39C
*epub2です。iTunesを経由してiBooksにインストールできます。iBookstoreへの申請はできません。

 


posted by @jink0222 at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | iBooksのepub固定レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック